MEN FOR OTHERS,
WITH OTHERS

栄光学園の校名の由来

「より大いなる神の栄光のために」
(AD MAIOREM DEI GLORIAM)

「栄光」という校名は、
「より大いなる神の栄光のために」というイエズス会の
モットーに由来しています。
神から与えられたすべての天分を養い育て、
より真実で美しく豊かな世界の実現のために奉仕することが人間本来の目的であることを示しています。
そして、栄光学園の校章は「榮」の字をかたどりながら、光は闇を貫いて世を照らし、救いの希望を与えていることを象徴しています。

栄光学園の目指す理想の人間

MEN FOR OTHERS, WITH OTHERS

他者のために
他者とともに

周縁で苦しむ状況におかれた他者に目を向け
協調・協力し合い
問題解決のために
喜んで自分を差し出すことのできる人間になるように

あなたたちの間で力ある者になりたいなら、みなに仕える人になり、
あなたたちの間で先頭に立ちたいなら、みなのしもべになりなさい。
仕えてもらうためではなく、仕えるため。
マタイ福音書20・26~28

AGERE CONTRA

逃げたい気持ちとたたかい、
なすべきことに専念する

せまい考えにとらわれずに
己の弱さにうちかって
他者に対する理解と思いやりを育みながら
自らの感性を磨くように

よくやった。忠実なよいしもべだ。
おまえは小さなことに忠実であったから、
多くのものを任せよう。主の喜びを共にしてくれ。
マタイ福音書25・21

MAGIS

自分の能力を
可能な限り成長させる

自分のプライドや出世のためでなく
よりよい世界の実現のために
自分に与えられた力を
より一層伸ばすことができるように

イエスは言った。
「わたしの父は、今も働いておられる。
だから、わたしも働くのだ。」
ヨハネ福音書5・17

AGE QUOD AGIS

やるべきことを、
やるべきときに、やる

自分に託されたことを発見し
ためらうことなく実行に移して
自らの言動に
責任をもつことができるように

あなたたちも、与えられたつとめをすべて果たしたとき、
「自分はとるにたらないしもべだ。
なすべきことをなしただけだ」と言いなさい。
ルカ福音書17・10

NOBLESSE OBLIGE

いまここで私に与えられた
能力や立場を最大限にいかす

私だからできること
私にしかできないこと
いま私が
そのことを実行する義務を果たせるように

多く与えられた人は、
多く求められ、
多くまかされた人は、
より多く要求される。
ルカ福音書12・48

AD MAIOREM DEI GLORIAM

より大いなる神の
栄光のために

自分の力だけで生きているのではなく
自分を超える存在に生かされていることに気づき
自分を生かしてくれる神の思いを
実現できる人になるように

わたしは、
行うようにとあなたが与えてくださった業を成し遂げて、
地上であなたの栄光を現しました。
ヨハネ福音書17・4